お金を借りる方法や注意点について。

MENU

即日でお金を借りるには条件があるので注意!

 

即日で借りたいのなら

大手カードローンが安心

↓ ↓ ↓ ↓

第1位 アコム


 

 

第2位 アイフル


 

 

 

 

【このページの目次】

 

今では一般的な存在となったキャッシングサービスの消費者金融や銀行系カードローンですが、即日にお金を借りる必要がある場合には、注意しなければいけないことがいくつかあります。

 

まず、全てのカードローンが即日融資に対応しているワケではなく、中には審査に一週間以上かかってしまうところもあります。

 

「即日審査」「スピード審査」などと大々的に宣伝しているカードローンも多いですが、これらはあくまでも即日に審査を行い、その審査回答をその日のうちに知れるものであり、当日中にお金を借りることが出来るというワケではありません。

 

特に銀行系カードローンに多く、審査が完了したとしても「実際に契約をするまでに数日間待たなければいけない」というのが殆どですのでご注意ください。

 

 

どうしても今すぐに借り入れしたい場合には、大手の消費者金融の中から申込先を選ぶと良いでしょう。

 

誰もがご存知の大手消費者金融では、どこも即日融資を基本としており、その日のうちにスピーディーにお金を借りることが出来ます

 

 

 

しかし、大手消費者金融でも即日にお金を借りる方法には条件があります。

 

最も重要な条件として、各消費者金融の営業時間内に全ての手続きを完了させることであり、営業時間外に申し込みをしたとしても、翌日以降となってしまうのでご注意ください。

 

インターネットで24時間365日融資の申し込みをする方法もありますが、深夜は自動契約機も店舗も閉まっているため、すぐにお金を借りることは出来ません。

 

ただ、この自動契約機でお金を借りる方法は、毎日夜10時前後まで営業していますし、土曜日や日曜日も平日と変わらず営業しています。
もし即日お金を借りたい場合には、各自動契約機の営業時間を事前に調べておくようにしましょう。

 

そしてスピーディーにお金を借りるためにも、運転免許証などの本人確認書類を用意しておくことが大切です。
また、場合によっては収入証明書類の提示を求められることもありますので、こちらも事前に準備しておくと良いかもしれません。

 

即日でお金を借りる手順や注意点についてはコチラのサイトも参考にどうぞ⇒即日にカードローンを使ってお金借りるには?

 

 

ちなみに、カードローンやキャッシングというのは最初に借りれるお金の金額には「限度額」が設定されています。
おおよその場合は、最高限度額のお金を借りることはまず不可能となります。

 

もちろん、パートやアルバイト、学生さんなどであれば、安定しているとは言えない場合もあるので、お金を借りる限度額は低めになるでしょう。

 


低金利でお金を借りる方法はどうすればいい?

 

カードローンやキャッシングで低金利でお金を借りる方法はあるのでしょうか?

 

金融機関をお金を借りると返済時に利息を払わなければいけません。

 

利息額は金利によって決まりますが、金利が高ければ支払う利息額は高くなります。

 

お金を借りるなら出来るだけ「低金利で借りれるカードローンやキャッシングサービス」を選びたいですよね。

 

 

金利は金融機関ごとに異なりますので、低金利でお金を借りれるところを選ぶ必要があります。
低金利でお金を借りる方法としては銀行カードローンが代表的と言えるでしょう。

 

初回は上限金利が適用されることがほとんどですが、銀行カードローンですと「上限は15%」ですが、消費者金融は18%と、銀行のほうが3%も金利が低いです。
ですから低金利でお金を借りるならば銀行がオススメです。

 

 

 

但し、長期的ではなく「短期的な目的」でお金を借りるのであれば、「消費者金融で低金利でお金を借りる方法」もあります。

 

大手消費者金融では、一定期間内に返済したものに関しては一切利息がかからない「無利息キャッシング」を提供しています。

 

例えば、プロミスなら「借入日の翌日から起算して30日間は無利息」でお金を借りることが可能です。
※無利息キャッシングについての詳細はこのページを参照に⇒無利息キャッシングって何?主な条件は?

 

無利息期間を過ぎれば通常の金利が適用となり、以降は利息は払う必要があります。
ですが、無利息期間内で完済できるなど「直ぐに返済できる目処がある」のであれば、消費者金融の無利息キャッシングでお金を借りるのも良いでしょう。

 


銀行からお金を借りる方法はどんなものがある?

 

銀行からお金を借りる方法は大きく分けて2つあります。
1つは個人向けの融資で、もう1つは企業が事業資金としてお金を借りる方法です。

 

個人が銀行からお金を借りる方法としては、住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、カードローンなどが挙げられます。

 

住宅ローンは住宅金融公庫から借りることが多かったですが、今では銀行から借りるのが主流になりました。

 

教育ローンは子供の教育に必要になるお金を借りることが出来るローンです。
入学金や授業料などまとまったお金が必要な時に申し込みます。

 

マイカーローンは新車や中古車を購入する際に申込むローンです。
ディラーで組むローンよりも金利が低くお得です。

 

カードローンは使いみち自由でお金を借りることが可能なローンです。
担保と保証人が不要で、設定された限度額内で借り入れと返済を繰り返し利用できる便利なサービスです。

 

消費者金融のカードローンと比較して「金利が低く、借入限度額が高いというメリット」があり人気ですが、審査基準が厳しくパートやアルバイトなど非正規雇用でお金を借りるのは多少厳しいです。

 

 

 

企業が銀行からお金を借りる場合は「事業資金に回す目的」」が一般的でしょう。
「銀行融資」と聞いて真っ先にこちらをイメージされる方のほうが多い野ではないでしょうか?

 

ただ、銀行から事業資金融資を受けるのはかなりハードルが高く、資金繰りに頭を悩ませる経営者は少なくありません。

 

銀行はすべての会社を格付けしており、格付けが上の会社ほど融資は有利となりますので、大手企業や中堅企業でないと銀行から融資を受けるのはほぼ無理といえます。

 

このように、銀行ではお金を借りる用途というのは様々なものがあります。

 

 


主婦がお金を借りるにはどんな方法や条件がある?

 

主婦がお金を借りる方法はカードローンやキャッシングが代表的です。
働いて収入を得ているパート主婦と、家業に専念する専業主婦ではお金を借りる方法が異なりますので、注意が必要です。

 

パート主婦は収入を得ているわけですから、本人名義でカードローンに申込むことが可能です。

 

消費者金融だけでなく銀行カードローンでも借りる方法はありますが、実際に融資を受けるには正社員でないと厳しいですから、お金を借りる借りるなら消費者金融が確実性が高いです。

 

消費者金融でも知名度の低い、いわゆる「中小の消費者金融」ですと、中には悪徳業者も紛れていて危険ですので、安心安全にお金を借りることを考えると大手消費者金融で借りるのが良いでしょう。

 

パート主婦の場合、配偶者の同意書は特に必要ありませんので、夫や旦那に内緒でお金を借りることも出来ます。

 

旦那に内緒でお金を借りる方法としては「大手消費者金融の自動契約機」を使って契約をします。

 

自動契約機では、融資を受けるための契約書類やローンカードなどを全てその場で受け取ることができ、自宅に一切郵送物が届かなくなります。

 

返済遅延さえしなければ、借金をしていることが旦那にバレることはまずないでしょう。

 

このように、パート主婦でも「収入が継続的にあり、クレジットカードやローンの返済を遅延していない」のであれば、十分にお金を借りれる可能性はあります。

 

 

 

一方で専業主婦がお金を借りる方法ですが、借入先がかなり少なくなります。

 

まず、大手消費者金融では一切、お金を借りれるところはありません。
中小の消費者金融で「配偶者貸付」を取扱しているところがありますので、それに申込むことで借り入れは可能です。

 

配偶者貸付についてはコチラのページを参考に

 

ただ、お金を借りるには手続きが面倒な上に、安全性が低いですからオススメできません。

 

 

一部の銀行カードローンでは、専業主婦でも借入可能なところがあります。
ただ、お金を借りる条件として配偶者に安定収入があることとなります。

 

同意書などは必要ありませんが、勤務先へに在籍確認の電話連絡が入る場合がありますので、旦那に内緒でお金を借りるということはほぼ無理でしょう。

 

上記で紹介した「夫に内緒でお金を借りる方法」は大手消費者金融でないと出来ない方法です。

 

ですので、銀行でしかお金を借りれない専業主婦の場合は、家族や旦那さんに内緒でキャッシングするというのは、ほぼ無理と思ったほうが良いでしょう。

 


学生がお金を借りる方法!未成年も借りれる?

 

学生がお金を借りる方法としては「学生専門のキャッシング」「一般向けのカードローン」「クレジットカードのキャッシング」が挙げられます。
では、それぞれのお金を借りる方法を見ていきましょう。

 

 

「学生専門のキャッシング」は中小の消費者金融が実施しているサービスで、学生への貸付に特化としたキャッシングサービスです。

 

一般のカードローンよりも金利はやや低めに設定されており、収入が少ない学生が借りるために利息負担を軽減してくれている金融業者が多いです。

 

学生向けと言うだけであり、審査透過率は比較的高く、学生でも利用しやすいお金を借りる方法の1つです。

 

ただし、融資は銀行振込のみだったり、専用のATM以外では借り入れできないなど、ちょっと使いにくいのが難点です。

 

 

「一般向けのカードローン」は利便性が高く、限度額内で繰り返し借りることが出来ます。
銀行やコンビニのATMでも借り入れや返済も出来るため、場所や時間を選ばずキャッシングできます。

 

審査基準は社会人も学生も同一であるため、学生キャッシングに比べるとやや審査は厳しくなるといえます。

 

また、銀行のカードローンですと「学生はお金を借りることはできない」としているところが多く、基本的に消費者金融からのみ、お金を借りることが可能です。

 

 

最後に「クレジットカードのキャッシング」で借りる方法です。
クレジットカードはショッピング枠の他に「キャッシング枠」が付帯されており、これを使えばコンビニのATM等でお金を引き出すことが出来ます。

 

ただし、このクレカのキャッシング枠でお金を借りる方法は、融資限度が低い上に金利が高いという大きなデメリットがあります。

 

更に、基本的には「翌月一括返済」となるので、キチンと計画を立ててお金を借りないと、返済不能になる可能性が高いです。

 

学生と言っても、18歳や19歳の未成年がお金を借りるということは、基本的には一切できません。
これは親の同意の有無、収入の有無に関係なく「未成年であれば金融機関からお金を借りることできない」のです。

 

より詳しく知るには、このページを参考にしてみるのがオススメです⇒「未成年でもキャッシングは出来ますか?審査に通る?

 

 

このように、条件を満たせば大学生や短大生でもお金を借りることは可能です。

 

ただし、未成年者の18〜19歳、高校生や中学生がカードローンやキャッシングでお金を借りるには、かなり難しくなると覚えておきましょう。

 


無職でお金を借りる方法はある?

 

改正貸金業法施工により総量規制が導入され、貸金業者からの借入は「年収3分の1で頭打ち」となりました。
年収300万円の方であれば上限は100万円まで、収入がゼロであれば当然、お金を借りることできません。

 

※総量規制については貸金業法の公式サイトを参考に⇒貸金業法の公式サイト

 

ですから、「無職で無収入」という方は消費者金融などのカードローンやキャッシングでお金を借りれないのです。
当然、銀行などの金融機関も同様です。

 

「無職や失業中でもお金を借りる方法はないか?」と調べる方は意外と多いようですが、そもそも借りたお金を返せるだけの収入がないわけですから、まずお金を借りることは出来ません。

 

ただ、無職でもお金を借りる方法が「現実的に全く無いか?」と言えばそうではありません。
「個人間融資の掲示板」などの「金融機関ではなく個人からお金を借りる方法」があります。

 

しかし、、無職の人を騙そうと「悪徳業者」が紛れている場合が多く、個人間融資でお金を借りるには非常にのリスクが伴います。
仮に「どうしてもお金を借りたい」としても、個人間融資でお金を借りるのはやめたほうが良いでしょう。

 

このように、無職がカードローンやキャッシングなどで金融機関からお金を借りる方法はありません。
無職でお金が必要なのであれば、まずは派遣会社などに登録し、日雇いバイトでお金を稼ぐことを優先させると良いでしょう。

 

日雇いバイトの中には「働いた当日に給料を受け取れるバイト」もありますので、無職で急ぎでお金が必要な方にも最適です。
仕事内容や日にち自分である程度選ぶことが出来ます。

 

内容によっては高給な仕事もありますので、短期間でもガッツリお金を稼ぐことも可能です。
このように、無職だけどお金を借りたいというのであれば、まずは派遣会社に登録してみると良いでしょう。

 

 


ブラックリストだとお金を借りることは絶対無理!

 

ブラックリスト入りしている人でもお金を借りる方法はあるのでしょうか?
結論から言ってしまえば、ブラックリストの方がお金を借りる方法はありません。

 

カードローンで借りるには必ず「安定した継続収入がある方」と書かれていますので、収入がない人は借りることはできません。
ただ、中には収入があってもお金を借りることができない人もいます。

 

お金を借りる審査では、信用情報機関というところから、申込者の過去現在の借り入れ履歴を「信用情報」を照会して確認します。
信用情報に事故履歴があることを「ブラックリスト」と言い、このような状態にある人は、お金を借りる審査はほぼ100%通過することはできません。

 

もし、自分の信用情報が気になるのであれば、各信用情報機関で手続きをすれば、信用情報を開示してもらうことも可能ですので、試してみるのが良いでしょう。

 

信用情報開示の手順いついてはココのページを参考に

 

 

お金を借りた後の返済で問題を起こしているわけですから、お金を貸す側としては「また返済が遅れるのをを繰り返す可能性が高い」と判断されやすく、お金を貸してもらえないのです。

 

たまに「無職・無収入の方でもお金を借りることができます」「ブラックリストでも融資OK」といった、甘い言葉を使った広告を見ることがあります。

 

冷静に考えれば怪しい金融業者と分かるものですが、お金が必要で切羽詰まっていると「冷静な判断」ができず、このような怪しい金融に手を出してしまう方が多いです。

 

このような謳い文句で融資する貸金業者は、間違いなく違法業者です。
ヘタをすればヤミ金ということもありますので、絶対にお金を借りるのはやめましょう。

 


国や市役所からお金を借りる方法はどんなものがあるの?

 

国や市役所からお金を借りる方法は意外にも沢山あるのをご存知でしょうか?

 

ここでは国や市役所からお金を借りる方法でも「代表的なものを3つ」紹介したいと思います。

 

「総合支援資金貸付」「緊急小口資金」「日本政策金融公庫」と、それぞれのお金を借りる方法について見ていきましょう。

 

 

総合支援資金貸付は市役所の生活福祉資金制度の一部で、「失業やリストラ」などによって日常生活を送ることが難しくなった人を対象に、「生活の立て直し」や「経済的に自立を図ること」を目的とした補助金制度です。

 

総合支援資金貸付は社会福祉協議会・ハローワークなどでサポートを受け、最低限生活ができるようになるためのお金を借りることができるのです。

 

支給額は貸付費目ごとに異なり、生活再建までの間に必要な生活費の場合は「単身世帯で月15万円以上、2人以上は20万円」が借りる上限となります。

 

敷金や礼金といった「アパートなどのの住宅賃貸の契約を結ぶのに必要なお金」は40万円以内まで借りることができ、一時生活再建費は60万円以内までの借り入れとなっています。

 

借金の返済に充てることは出来ませんので、カードローンなどの多重債務がある人はお金を借りることはできません。
貸し付けの対象者は、低所得世帯・障害者世帯・高齢者世帯となります。

 

 

緊急小口資金とは、医療費や介護費などの生活費、給料の紛失や盗難で緊急にお金が必要になった際に、区や市町村の市役所・社会福祉協議会から貸し付けてもらえる制度のことです。

 

社会福祉協議会は金融機関ではなく社会福祉法人で、社会福祉施設や社会福祉関係団体などの諸事業を展開しています。

 

お金を借りるための条件は上記の総合支援資金貸し付けと同様となります。
融資限度額は最大10万円と少額ですが「連帯保証人不要で無利子で借りれる」という大きなメリットがあります。

 

申込時に必要な書類が非常に多く手続きが面倒なこと、緊急と付くものの実際に借り入れできるのは最短でも5日後となるなどデメリットも大きいです。

 

 

日本政策金融公庫というのは「国が運営する金融機関の1つです。

 

国民生活金融公庫と農林漁業金融公庫と中小企業金融公庫が解体し、その後に統合してできたのが日本政策金融公庫であり、財務省管轄の特殊法人です。

 

国のお金で運営しており、新規の事業でも「担保や保証人不要」で融資を受けることが出来ます。
中小企業や新規開業する企業など民間の金融機関で「銀行などから融資を受けるのが難しい企業」の利用が半数以上を占めています。

 

中小企業に対し積極的に融資を行っていますので、「信用力がまだ少ない」「会社の資金需要がそう多くない」という場合は、国にお金を借りることができるか相談してみると良いでしょう。

 

このように、カードローンやキャッシングでお金を借りるだけではなく、市役所や国の運営する公的補助制度でもお金を借りることは可能です。

 

まずは市役所や社会福祉協議会、公庫などに相談してみると良いでしょう。


トラブルなく親・兄弟にお金を借りるには?

 

金融機関からお金を借りる方法以外に代表的な方法としては「親や兄弟からお金を借りる方法」が挙げられます。

 

銀行や消費者金融からお金を借りる方法としてっは「カードローン」がありますが、利息負担があるため結果的に損してしまいます。

 

また、お金を借りる審査があり、必ずしも借りれるとは限らず、中には違法な金利で貸し付ける悪徳業者もあるなど、安全面でどうしても不安が残ります。

 

ですが、親や兄弟からお金借りるのであれば「利息負担がない」上に、「審査無し」でお金を借りることが出来ます。

 

金融機関を利用するより遥かに気が楽と言えるでしょう。

 

 

ただし身内同士でのお金の貸し借り「はトラブル」になりやすく十分な注意が必要です。

 

トラブルなく親や兄弟からお金を借りる方法として、は「借用書」を作成し口約束だけで済ませないことです。

 

借用書を作成することでお金を貸す側の親や兄弟もある程度安心できますし、信頼してお金を貸してくれるようにもなります。

 

いくら身内でもお金を貸すのは非常に不安に思うものです。
安心してお金を借りるためにも借用書は必ず作るようにしましょう。

 

後々トラブルにならないためにも必須いえます。

 

借用書についての詳しい書き方・注意点についてはコチラのページを参考にしてください⇒借用書の書き方ってどうすればいい?注意点は?

 

 

身内でのお金の貸し借りで「トラブルに発展する原因」のほとんどは、「口約束だけで済ませてしまって、返済が遅れたため」です。

 

きちんと借用書の書面に「いくらお金を借りたのか?」「何日までに返済するのか?」など、金融機関でお金を借りる時同様に「証拠」として残しておくことが大切です。


友達にお金借りる方法!理由や言い訳はどうする?

 

親や親戚などの身内からお金を借りる方法だけでなく、「友達(友人・彼氏・彼女)からお金を借りる方法」もあります。

 

ただ、親や兄弟から借りるよりもハードルは高くなりますので、よほど信頼がない限りお金を借りる方法としては難しいです。

 

 

友人からお金を借りる場合、親からお金を借りる時と同様に、必ず「借用書」を作るようにしましょう。

 

「両者の名前、日付、借りた金額、金利、返済日、遅延損害金」など、きちんと記載しましょう。

 

トラブルのもととなりますので、絶対に口約束だけで友達からお金を借りるようなことはしないでください。

 

ここは親・兄弟などの身内からお金を借りるときよりも、気を使ったほうが良いでしょう。

 

 

ただそれ以前に、「どうしてお金が必要なのか?」という理由が重要となります。

 

理由次第では友達はお金を貸してくれませんから、「どうしてもお金を借りる必要がある」ということをきちんと友達に伝えるようにしましょう。

 

当然ながら、遊びやギャンブル目的という理由では、からおはお金を貸してくれることは無いと思ったほうが良いでしょう。

 

 

自分が友達にお金を貸す立場になったときのことを考えれば、容易にわかるかと思います。

 

「生活費が足らなくて困ってい」「、冠婚葬祭が重なってしまった」などの理由であれば、比較的、からおからお金を借りやすいでしょう。

 

 

また、返済が長期にわたると友達も貸しづらいですから、出来れば短期間のうちに返せるほうが、友達からお金を借りることができる確立は高くなります。

 

出来れば、次のバイト代や給料日までに全額返済できる金額にとどめておくのが、友達からお金を借りる秘訣ともいえるのではないでしょうか?

 

 

郵便局でお金を借りる方法は?

 

私達の身近なところにある郵便局ですが、切手や葉書を買ったり口座を持つだけでなく「お金を借りることが出来る」って知っていましたか?

 

郵便局は身近な存在だからこそ、お金を借りることが出来れば最も便利になると考えている人も多いでしょう。

 

 

ただし、郵便局でお金を借りるには条件がありますので、誰でも簡単にとはいきません。

 

郵便局でお金を借りるには、「財形定額貯金」「財形年金定額貯金」「財形住宅定額貯金」...これらのゆうちょ定額貯金を利用していないといけません。

 

これらを担保に郵便局ではお金を借りることができるのです。

 

また、郵便局にて「低額貯金」と「定期貯金」を担保に自動貸し付けを利用することも出来ます。

 

ゆうちょ銀行を利用していて、尚且つこの条件をクリアしていると、万が一の時でも郵便局でお金を用立てできますので非常に便利ですよ。

 

 

ちなみに「担保なし」でも、ゆうちょ銀行からお金を借りることは可能です。

 

ただ、正確に言えばゆうちょ銀行からではなく「スルガ銀行の個人ローン」を利用して借りることになります。

 

ゆうちょ銀行はあくまでも「受付窓口」という形になります。

 

ゆうちょ銀行を通じてスルガ銀行が提供する目的に適したローンを利用できます。

 

利用できるローンは「住宅ローンやリフォームローン」、「カードローン、フリーローン、マイカーローン、教育ローン」など実に様々です。

 

つまり郵便局でお金を借りるには担保が必要で、担保なしの場合はゆうちょ銀行を通してスルガ銀行で借りるということになります。

 

 

生命保険でお金を借りることはできる?

 

実は生命保険でお金を借りることは出来ます。

 

生命保険でお金を借りることを「契約者貸付制度」と言い、生命保険の解約返戻金の範囲内でお金を借りることが出来る制度です。

 

解約返戻金の内、約70%〜90%のお金を借りることができます。

 

 

解約返戻金とは「保険を解約する際に戻ってくるお金のこと」を言い、積立型の生命保険なら、通常は解約返戻金が設けられています。

 

つまり、「解約返戻金がある積立型の保険」であれば、契約者貸付制度を利用することが出来るということです。

 

 

ただ、あくまでも「貸し付け」ですから、当然利息をたてて返済しなければいけません。

 

生命保険での貸付利率は保険の加入時と保険会社によって異なります。

 

概ね2.0%〜6.00%の範囲内で借りることができると思って良いでしょう。

 

 

契約者貸付制度への申し込みは書類、もしくはインターネットから出来ます。

 

書類の場合は手続きに時間がかかり、お金おw借りることができるようになるまで「早くても1週間以上」はかかります。

 

ホームページからの申し込みですと、最短で申込当日に口座振り込みが行われ、お金を借りることも可能です。

 

生命保険でお金を借りる場合の返済方法は、全額返済・一部返済・毎月返済の3種類あります。

 

 

契約者貸付制度のメリットは、「金利が安いこと」、「手続きが簡単であること」、「審査・担保が不要であること」、「返済期限がないこと」の4つです。

 

上記で説明した通り、生命保険でお金を借りる場合の金利は、カードローンに比べかなり安いです。

 

申し込みに必要な書類は1枚のみで印鑑を押すだけでOKです。

 

契約者貸付制度は「自分の解約返戻金を担保」にしていますので、審査はおろか、担保を別途用意する必要がありません。

 

 

生命保険でお金を借りる場合のデメリットは、「利率が複利であること」、「保険が失効する場合があること」などです。

 

契約者貸付制度の利率は年利・複利で適用されますから、長期間放置しておくと返済額が増加しますので注意が必要です。

 

契約者貸付制度は返済期限がありませんが、放置したまま複利で返済額が増え「解約返戻金を上回ってしまう」と、保険契約が執行してしまう恐れがあります。

 

 

契約者貸付制度は急なお金が必要なときであれば便利ですが、返済計画を考えた上でお金を借りるようにしましょう。

 

 


第1位 アコム


 

 

第2位 アイフル